オプション教育プログラム

プロも注目する「日経VI指数」を活用した
日経225オプション戦略解説セミナー動画

  • HOME
  • オプション教育プログラム 日経VIを活用した日経225オプション戦略セミナ―動画af

 

あなたはオプションでこんな悩みがありませんか?

・オプションのエントリータイミングを見極められなくていつもチャンスを逃している

・最適な権利行使価格がわからなくていつもどこを買おうか悩んでしまう

・オプションの損失限定を生かしたポジションの作り方がよくわからない

・自分の相場観がないとオプションでは勝てないと思っている

・オプション買い戦略が良いのか、デビットスプレッド戦略がいいのか使い分ける基準がよくわかっていない

・売りポジションは危険だと言われて、コンビネーション取引をやろうと思っても心理的に売りポジションを持てない

損小利大をどうやって実現したらいいかわからない

・買いオプションの最大損失額を下げる方法がわからない

損切り不要で、自動的に損失限定となる戦略があれば組んでみたい

 

オプション取引のプロやベテランは、株式投資家にはないオプションだけの指標を見ています。

それが

日経ボラティリティインデックス=(日経VI)

です。

この指標があるから、オプション取引のプロは自分の相場観に頼りすぎることなく、市場の動きを察知することができます。

  • 日経VIが低いから、オプション価格も安くプット買い戦略を仕込みやすい
  • 日経VIが高いから、もし万が一暴落しても爆発的な利益が出にくい
  • 日経VIが急低下したから、市場参加者には安心感が漂っている

このように、日経VIを足掛かりに戦略を検討できます。

この日経VIは日経平均株価のチャートを見ても絶対に調べることができない指標なので、株式投資家にはそれほど知られていません。

でもプロは知っています。

その日経VIを解説した動画の一部をご覧下さい。(約6分)

視聴パスワード:0307

このような日経VIの特徴を知ることで、オプション取引の戦略エントリーにおいて一定のルールを与えることができて、相場の変動に合わせた戦略が組みやすくなります。

日経VIの特徴を理解すると次のようなことが身に付きます

・どこが「市場参加者が考える相場の底」なのか分かるようになります

日経VI特有のレンジを意識できるようになります

市場参加者に対して先回りした個人投資家ならではの逆張り戦略が組めます

安いオプションを安く買うタイミングを見つけられるので、宝くじを当てやすくなります

市場参加者が慌てたときに何をやればいいのか明確になります

日経VIのとどまる性質とレンジが移る性質を使ったタイミングのはかり方が分かります

市場参加者が「リスクを取れる(=リスクオンだ!)」と思い始めた瞬間を察知することができます

自分の相場観よりも、プロの判断をもとに戦略を組めるようになります

実はBrexitの波乱は想定されていたことが過去のチャートから分かります

波乱が予想されるイベントにおけるオプション買い戦略の難しさを日経VIから紐解けます

保有株に保険を掛けながらイベントを通過させるためのオプションの使い方がわかります

 

この日経VIを活用したオプション戦略の解説を、個人投資家目線で実取引をしているオプショントレード普及協会の守屋が「腑に落ちて理解できる」授業で行います。

動画を見るだけで学べる5つの戦略

この動画を見るだけで、

  1. プット買い戦略
  2. プットデビットスプレッド戦略
  3. コールデビットスプレッド戦略
  4. weeklyオプションを使った戦略
  5. 保有株を守るヘッジ戦略

これらの戦略を、日経VIの動きを参考にどう組んでいくかのルールを学べます。

今までは個々の戦略を1つずつ丁寧に解説していくセミナーが中心でしたが、今回はどの戦略を、どのようなタイミングで使えばいいのか、具体的事例を用いながら解説しますので、今まで点でしか捉えられなかったオプションのデビットスプレッド戦略を、1本の線で結びつけることができます。

あなたはPDCAのPLAN(=計画)を手に入れたのと同じ状態になりますので、あとはDO(=実行)してその効果と威力を確認すれば、オプション取引の学習が大きくはかどることでしょう。

 

日経VIを活用した日経225オプション戦略セミナ―動画

【講師】

オプショントレード普及協会 守屋史章

【内容】

日経VIをつかってタイミングをはかり、オプションを使って少額・損失限定の逆に行っても怖くないポジションで戦う方法

※内容は2019年3月9日に開催したパンローリング社主催の投資戦略フェアにおけるセミナー公演およびJPXブース内でのミニセミナーの内容を、参加されていなかった方のために別撮りで詳細に解説した特別動画です。

【前半:約43分】

①日経平均VIとは(日本版VIX)
②プットオプションが大化けするタイミングを探る
③相場が荒れていた場面からリスクオンとなるタイミングでコールオプションを買う
④イベント時のプット買い~Brexit、米国大統領選を例に(すでに日経平均VIが高い場面の注意点)

日経VIをキーワードに、プット買い、プットデビットスプレッド、コールデビットスプレッドについて、どのタイミングでどの戦略を組むべきか、ルール化した内容を解説します。

また、これらの戦略を実現するためのweeklyオプションの活用法も解説します。

【後半:約46分】

⑤株を持っている場合にオプションでヘッジする~Brexit、米国大統領選を例に

株保有者が保険を掛ける際のオプションの使い方について、カバードコールに加えてプット買いでヘッジする、オプションで利益を追究しつつ安全に運用する方法を解説します。

<学べる戦略>

  1. プット買い戦略
  2. プットデビットスプレッド戦略
  3. コールデビットスプレッド戦略
  4. weeklyオプションを使った戦略
  5. 保有株を守るヘッジ戦略

どの戦略をどのタイミングで使えば効果的か、日経VIから読み解きます。

【受講申し込み特典】

コールデビットスプレッド戦略解説セミナー動画の5,000円割引クーポン

プットデビットスプレッド戦略解説セミナーの1万円割引クーポン

受講料&申し込み

受講料(動画版):24,800円

銀行振り込みとクレジットカート決済に対応しています。
※クーポンコードをお持ちの方は必ずクーポンコードを記入の上、決済確認画面でクーポン適用を確認してから申し込みください。

注意事項

・内容は結果を保証するものではありません。
・本内容は投資の勧誘を目的としたものではありません。
・本マニュアルの情報に基づいて被った損害については、当方では一切の責任を負いません。
・最終的な意思決定は自己責任の判断にてお願い致します。
・セミナー講義とPC画面を同時に表示する都合上、講師の指示した部位を動画編集で明示しきれず部分的に対応できない場合もあります。
・pdfレジュメはダウンロード可能です。動画はオンライン視聴のみとなりますのでダウンロードはできません。予めご了承ください。
・動画視聴には有効期限がありませんので何度でも繰り返し視聴可能です。

この授業を受講された方の感想

今回はこの収録に特別に参加された方のセミナー受講の感想をいただいていますので紹介します。

■収録に参加された方の声

1.今回のセミナーで学べたこと

日経VIが20以下にあるときとプットのプレミアムの関係が理解できた。

2.これから建てるとしたらどんな戦略を組みますか?

日経VIの値を見て、スプレッド戦略およびプットの買い戦略、コール買い戦略。

3.セミナーを受講した感想

weeklyの今後の調査・研究をしたいなと思った。


Yさん

 

■収録に参加された方の声

1.今回のセミナーで学べたこと

日経VIの変化(数値をウォッチする)ことでオプションを仕込むタイミング、リスクオンのタイミングを図ることができた点。
weeklyオプションを使った戦略についてデータを使って検証できた。

2.これから建てるとしたらどんな戦略を組みますか?

weeklyオプションに注目して、1~2週間前のIV高い/低いタイミングでコール/プットのスプレッドを建ててみたい。
(ATM付近±500円程度に注目)
エントリーとエグジットのルールを守り淡々とトレードすること(感情の排除)が課題。

3.セミナーを受講した感想

今まさに実行しようと思っている(実行している)ことの戦略についてルール化の確認ができた。
タイミングの取り方がいかに大切なポジションかを再認識できた。


Tさん

 

■収録に参加された方の声

1.今回のセミナーで学べたこと

weeklyオプションを使った戦略は面白いと思い聞いていました。
個別株のリスクヘッジとしてのプットオプションの使い方。

2.これから建てるとしたらどんな戦略を組みますか?

今まで注目していませんでしたが、weeklyオプションの流動性とプレミアムを気を付けてみたいと思います。
タイミングが合えばデビットスプレッド戦略を使ってみたいと思いました。

3.セミナーを受講した感想

知識の整理に大変役立ちました。


Mさん

 

■収録に参加された方の声

1.今回のセミナーで学べたこと

株の保険にカバードコールを売って、売ったお金でプットを買うオプション買い戦略は良く採用するが、IVをもっと活用できることが分かった。
日経VIが低い月末月初のプット買いは魅力的。

2.これから建てるとしたらどんな戦略を組みますか?

株を持っているので、カバードコール+プット買いを考える。
月末月初のプット買い。

3.セミナーを受講した感想

とても分かりやすくよかったです。


Kさん

 

■収録に参加された方の声

1.今回のセミナーで学べたこと

月末月初に日経VIが低い時にプットを買うこと。
weeklyオプションは流動性の問題があるも検討する価値あり。
イベント時のプットデビットスプレッドは有効。
保有株のリスクヘッジにどれだけプットを買えばいいか。
ゼロコストプットを実現するためにカバードコールとプット買いを組み合わせること。

2.これから建てるとしたらどんな戦略を組みますか?

日経VIを見てコールオプション買いです。(リスクオンになるタイミングを図って)

3.セミナーを受講した感想

日経VIを有効に活用できそうなことが良く分かりました。
日経VIについて理解を深める必要があるので、動画などで学習したいです。
今後のオプション売買の際には日経VIの視点を取り入れていきたいと思います。


Sさん

 

■収録に参加された方の声

1.今回のセミナーで学べたこと

日経225オプションだけでも複数の戦略があったことを思い出しました。
今はアメリカオプションを取引していますが、税法的に海外が不利になることがあるので、日本での投資も検討してみます。

3.セミナーを受講した感想

守屋さんのセミナーは分かりやすいですね。


Sさん

 

■収録に参加された方の声

1.今回のセミナーで学べたこと

まだ初心者ですが、とても分かりやすく勉強になりました。

2.これから建てるとしたらどんな戦略を組みますか?

株の保険としてまず取り組んでいきたい。
下げが怖いからいつも損が怖く、すぐ利確してしまっているので。

3.セミナーを受講した感想

知識を深めてさらに上にステップアップしていきたいです。
ありがとうございました。知識が深まりました。
まずは皆様のレベルに近づくように、一つ一つステップアップして上を目指していきたいです。


Sさん

Q&A

Q.動画の購入でも質問することは可能でしょうか?

A.動画の内容の質問であればメンバーサイト内で受け付けています。

Q.今回のセミナーですが、受講レベルとしては、どの程度のことを理解しているのが前提になりますか?

A.JPXのHPにある北浜投資塾の掲載されている動画に対して、さらに具体的に日経VIの特徴とそれをどう生かすかを講義しました。

プットオプション買い戦略については、第1回北浜投資塾対面セミナー第1回でも取り上げていますので、ぜひこちらもご覧ください。

この内容に加えて、さらにコールデビットスプレッドやプットデビットスプレッドの使い分けやエントリーするタイミングについてを、日経VIを絡めて講義したのが今回の内容です。

Q.領収書は発行されますか?

A.本教材に関しては決済後にお知らせするメンバーサイト内からダウンロード可能です。
今後はクレジットカード決済の場合はpaypalによる決済完了メール、銀行振り込みの場合はお振込み控えをもって領収書とさせていただく予定です。

Q.動画は申し込み後にすぐ視聴できますか?

A.paypal決済であればすぐに視聴可能です。銀行振り込みの場合は振込確認後に視聴URLをお伝えいたします。

受講料&申し込み

受講料(動画版):24,800円

銀行振り込みとクレジットカート決済に対応しています。
※クーポンコードをお持ちの方は必ずクーポンコードを記入の上、決済確認画面でクーポン適用を確認してから申し込みください。

注意事項

・内容は結果を保証するものではありません。
・本内容は投資の勧誘を目的としたものではありません。
・本マニュアルの情報に基づいて被った損害については、当方では一切の責任を負いません。
・最終的な意思決定は自己責任の判断にてお願い致します。
・セミナー講義とPC画面を同時に表示する都合上、講師の指示した部位を動画編集で明示しきれず部分的に対応できない場合もあります。
・pdfレジュメはダウンロード可能です。動画はオンライン視聴のみとなりますのでダウンロードはできません。予めご了承ください。
・動画視聴には有効期限がありませんので何度でも繰り返し視聴可能です。

お問い合わせ

主催者情報 一般社団法人オプショントレード普及協会