銀投資は●●●●●さえ見極めれば
年利18%を狙える理由とは?

  • HOME
  • 銀投資とは

あなたはこの銀価格のチャートで何を感じますか?

2018年2月の銀価格のチャートです。

もしあなたがこのチャートで●●●●●を見極められるようになれば、半年間ほったらかしで利益が出るようになります。

これを見極める事が出来た方たちの喜びの声です。

銀オプションビギナーの方たちの実践の声

銀オプション取引事例報告1.

投資結果と、投資金額に対するリターンを教えてください:
今現在、銀の価格が15ドル以下になっていないので、113ドル満額利益になることが確定です。
取引は大変でしたか?:
楽でした。
また投資したいと思いますか?それはなぜでしょうか?:
自分のポジションを忘れてしまいそうになるけど、またタイミングを見て投資したい。

銀オプション取引事例報告2.

投資結果と、投資金額に対するリターンを教えてください:
10万円の投入で13,266円リターンです。(手数料含まず)
取引は大変でしたか?:
事前に動画で解説がありましたので、それを参考に取引しました。わりと簡単に終わりました。
今回は銀の価格が21ドル位まで上がってくれたので、後は満期日まで待っても精神衛生上良かったです。
また投資したいと思いますか?それはなぜでしょうか?:
またぜひやりたいと思います。リターンが投資額の15%前後あれば、申し分ないです。

銀オプション取引事例報告3.

投資結果と、投資金額に対するリターンはを教えてください:
資金の1割が利益になった。
最初故にリスクを取らなさ過ぎたかと思ったが、あとになって、これだけ上がって来たから言える話なのでしょうね。
取引は大変でしたか?:
ほったらかしで楽だった。ほとんどチャートを見なかった。
また投資したいと思いますか?それはなぜでしょうか?:
下がって来たら仕掛けたいと思う。

銀オプション取引事例報告4.

投資結果と、投資金額に対するリターンを教えてください:
投資額15万円
利益額24900円
取引は大変でしたか?:
大変ではなかったです。
また投資したいと思いますか?それはなぜでしょうか?:
投資したいと思います。長期目線で投資できるからです。

銀オプション取引事例報告5.

投資結果と、投資金額に対するリターンを教えてください:
利益:32,205円
取引は大変でしたか?:
一番最初の取引が心理的に、ハードルが高かった。
しかし、金守さんからのメールの取引事例を参考にエントリーして、2度目以降は楽に取引出来ました。
また投資したいと思いますか?それはなぜでしょうか?:
また投資したいと思います。前回は、エントリのタイミングが、底値付近だったので、エントリーしやすかった。今はエントリーのタイミング待ちです。

あなたも●●●●●を知り、年利18%を狙える銀投資をスタートしませんか?

こちらの銀投資メルマガに登録すれば、何を知れば銀投資で年利18%を狙えるのかが明確になります。

主催者情報 オプショントレード普及協会

オプショントレード普及協会とは、オプションを普及させることを目的に設立し、短期トレーディングから長期運用まで幅広い投資ニーズを叶える資産運用を研究している協会。
個人投資家目線だからこそ、目からウロコの独創的アイディアを生み出し、誰よりも分かりやすく解説し、「できる」ようになるまでのサポートを行う。
「オプションについて話せる仲間が見つからない」という悩みに応えて上位メンバーシップのVIP会員と毎月ゼミを開催し、孤独になりがちな投資の研究と意見交換を行う場として好評を得ている。

主な実績は、JPX北浜投資塾動画講師カブドットコム証券の教育プログラムUdemy講師JPX・TOCOM共催オプションセミナーのパネラー、証券会社依頼の外部講師多数。
有料会員400名以上、無料メルマガ会員1300名以上と日本でも有数のオプション教育機関となっている。
主な有料コンテンツにVIP会員を頂点とした各種メンバーシップや有料動画教材、WEB学習プログラムのオプション投資家養成塾を提供している。

【講師】
オプショントレード普及協会 代表 守屋史章
自身で会社を経営し、独立系経営コンサルタントとしてもご活躍する一方で、中小企業の社長さんや個人投資家に日経225オプションの取引方法、その可能・魅力を伝える活動を精力的に行っている。
MFIフィナンシャルマネジメントLLP代表。
2017年に日本取引所(JPX)と協賛し、下記のようなオプション普及のためのセミナー動画を(全20回シリーズ)をリリースし、個人投資家目線での日本のオプション取引のリーダー的存在となっている。

【ナビゲーター】
オプショントレード普及協会 代表 金守遼太 
26歳だった2005年にサラリーマンのまま定年退職まで勤め上げる未来に行き詰まりを感じ、書籍「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで株式投資を始めるが、ビギナーズラックもなく簡単に負ける。
2009年アメリカ発の金融危機リーマンショックで、投資資金300万を一発で150万円まで減らし自分の知識の甘さに愕然とする。
勝ち負けを繰り返しながらオプションの本質を掴み損失を取り戻す利益を上げた自信と経験から、「オプションこそあらゆる投資の行き着く先=最後はオプションだ」と確信し、2級FPの国家資格を生かした資産形成アドバイスを行っている。