• HOME
  • 月曜勉強会(証拠金と取引技術)

 

ついに月曜の対面セミナーで、トレードの際に必須となる

 

・証拠金
・オペレーション(取引技術など)

 

を学べる講義を用意しました。

 

 

 

<内容>

・証拠金についての座学
・座学をどうやってトレードの際に生かすのか?
・証拠金感覚を肌で身につける
・リアルタイムでの発注技術の解説
・板を並べてじっと待つ方法
(必要に応じて証券会社のツール操作紹介など)

 

 

  ■

 

 

 

証拠金については座学で数式を理解することもさることながら、

「このへんまで来たら証拠金ヤバイよね」

というような相場観を身につけておけば、いざというときに焦らなくて済みます。

 

 

追証の連絡が来てから慌てるよりも、
追証になるということがわかってて連絡が来たほうが
心の準備はまるで違いますよね。

 

実体験でしか学べない相場観を、
講義の中で疑似体験してもらえればと感がています。

 

 

実際に月曜の夜にセミナーを行いますので、
場が動いているうちに講義が出来ます。

 

 

板を2つ並べてデビットスプレッドを仕掛けて

その発注を待つには証拠金はいくら用意しておいたらいいのか

約定する前に価格帯がずれたらどうやるとすぐ対応できるのか

ということがトレードする前に把握しておけば、いざトレードの際にも困らないですよね?

 

 

 

証拠金の話は、充分な資金量を持っている場合は、
考える必要はありません。

 

ただ、誰もが充分な資金量で始められているわけではありませんし、
資産全額を証券口座に入れるのではなく、
資金の一部を投下して効率よく稼ごうと考えているかと思います。

 

トレードする中での制約として、
ギリシャ文字の理解が無いと期中決済のトレードはどうやったらいいか理解しにくいのと同様に、
今度は実際に建てる時やポジション調整の際には証拠金が制約として必ず登場してきます。

 

ここを抑えておくことで、
自分のやりたい戦略を思い通りに実行できるというわけです。

 

前回講義したギリシャ文字の話は理論的な基礎知識がメインでしたが、
実際にトレードする際には避けて通れないのが証拠金と、
実際のオペレーションの部分(取引技術)ですよね。

 

ギリシャ文字をきちんと把握していても、
実際の取引の際に制約があるとトレードできませんので、
どちらが欠けてもダメなんです。

 

 

証拠金や取引技術は、個人個人が相場の中で身に付けていくしかないと考えていたので、
オプション投資家養成塾では第11章以外にカリキュラムとして用意してませんでした。

 

 

ですがここに需要があるということが分かったので、
今回はセミナーをします。

 

恐らく実トレードを始めようと思うと、
どうしても避けては通れないパートだということでしょう。

 

 

需要があるというより、
ここが分からないとトレードにいけないという、
MUST要件ですね。

 

 

すでにトレードしている人にとっては、
身に付けた知識でしょうから、その知識が強化されます。

 

すでに身に付けている証拠金の相場観や
取引技術を使ってトレードしていけますが、
今回の話を理解したほうがより一層自信を持ってトレードできます。

 

 

  ■

 

 

また、発注の様子も収録しました。

 

証券会社の発注画面をどう使っているのかがわかります。

 

 

 

 

 

守屋は松井のネットストックハイスピードをよく利用していますので、
こちらのツールをメインで解説していきます。

 

特に使い勝手のいい指値価格のドラッグによる変更など、
見たら使いたくなる機能が搭載されています。

 

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

もしあなたがこのような悩みを持っていたら、
解決の糸口がつかめる内容となります。

 

・ご自身の証拠金の相場観では行き詰っている
・今らポジションを始めて取ろうと思っている
・証券会社のツールの使い方がまだきちんと使えるか不安

 

 

 

  ■

 

第1回の導入部分を公開します。

このような内容を理解して、スキルを身につけるのが目的です。

 

 

 

 

 

第2回で扱ったドリルです。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

問1 次のポジションを先物ミニ、コール、プットを使って合成してください。
(1)先物買い=
(2)先物売り=
(3)コール買い=
(4)プット買い=
(5)コール売り=
(6)プット売り=

問2 日経225先物が今20350円とします。08C19500買い玉を決済したいのですが、板がありません。どのようにすれば決済したのと同じ状態がつくれますか。またそのポジションを組成した後はどうしたらよいですか。

問3 日経225先物が今20700円とします。08P21500買い玉を決済したいのですが板がありません。どのようにすれば決済したのと同じ状態がつくれますか。

問4 現在日経225:19950円 ポジション:09P21000買い2枚保有
   プットコールパリティによる決済は?

問5 現在日経225:22000円 ポジション:09C20000買い3枚保有
   プットコールパリティによる決済は?

問6 現在日経225:19500円 ポジション:08P20000売り1枚保有
   プットコールパリティによる決済は?

問7 現在日経225:21000円 ポジション:08C20000売り1枚保有
   プットコールパリティによる決済は?

問8 朝の寄付前気配において日経225ミニ8月限が20750円だとします。このとき08C20750が@270、08P20750が@280円でした。オプションを各1枚利用して裁定取引を完成させてください。また、それがうまく完成した場合の利益はいくらになりますか。

問9 07/5wC20375売り1枚+08/1wC20375買い1枚のポジションを持っています。相場が上昇し、07/5wのSQの寄付は日経225先物が21000円でした。このときどのようにするべきでしょうか。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

上記のドリルを10分程度で回答して、

さらに下記の動画の内容をリアルにイメージ出来れば、この動画セミナーは不要です。

 

 

 

ドリルの内容は100%理解でお願いします。

理解していないと、証拠金をマスターしたと言えません。

 

そして上記動画の内容もきちんと腑に落ちて理解できればOKです。

もちろんこれは守屋の個人的な感覚も含まれているので、内容を暗記する必要はなくて、

この思考に至る過程をきちんとマスターしておいてもらいたいのです。

 

 

もしまだ身についていない、内容が理解できないということであれば、

今回の動画はあなたのスキルップの一助となるでしょう。

 

 

 

価格:27,800円

申し込みはこちら

サービスを始めて購入する方(ログイン情報をお持ちでない方、忘れた方)はこちらの申し込みフォームからお求め頂けます。

 

 

オプション投資家養成塾の受講生は特別価格を設定しています。

受講生限定価格はこちら

(養成塾生のみ閲覧可能)